読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガンジーは深くて、温かい人。そして、尿健康法の推進者でもある。

ガンジーが指摘した「七つの社会的罪」を現在の日本に当てはめたらどうなるか?
http://useful-info.com/seven-social-sins



ガンジーという人物の説明について、以下ウィキペディアから引用:
南アフリカで弁護士をする傍らで公民権運動に参加し、帰国後はインドのイギリスからの独立運動を指揮した。その形は民衆暴動の形をとるものではなく、「非暴力、不服従」(よく誤解されているが「無抵抗主義」ではない)を提唱した。
この思想(彼自身の造語によりサティヤーグラハ(英語版)、すなわち真理の把握と名付けられた)はインドを独立させ、イギリス帝国をイギリス連邦へと転換させただけでなく、政治思想として植民地解放運動や人権運動の領域において平和主義的手法として世界中に大きな影響を与えた。特にガンディーに倣ったと表明している指導者にマーティン・ルーサー・キング・ジュニアダライ・ラマ14世等がいる。」
引用終り:


 1925年10月22日、マハトマ・ガンジーは雑誌『Young India』にて、「七つの社会的罪」(Seven Social Sins)を指摘しました。



1.理念なき政治 (Politics without Principle)
2.労働なき富 (Wealth without Work)
3.良心なき快楽 (Pleasure without Conscience)
4.人格なき学識 (Knowledge without Character)
5.道徳なき商業 (Commerce without Morality)
6.人間性なき科学 (Science without Humanity)
7.献身なき信仰 (Worship without Sacrifice)



上記の各々を、今の日本社会に当てはめて、このサイトの筆者の解釈がサイト後段に述べられています。そちらは、サイトをご覧下さい。





さて、マハトマ・ガンジーと言いますと、僕の中では尿健康法をインド国民に積極的に推奨した方でもあると言う記憶があります。


尿健康法とは、即ち、自分自身の尿を口にする、経口する事で健康に寄与する極めて経験的な民間療法であり、インド・中国・ブラジル・メキシコ・フランス・韓国と僕の知る限りでも文化として静かなブームを巻き起こした民間療法です。フランスでは、アマロリと言う言葉が根付くほどの経験的価値を認めている。

そのロジックは、尿が内包する体内情報を尿を口にする事で、喉のセンサー細胞がキャッチしてフィードバックする事で、体内のホメオスターシス(恒常性)、つまり生体機能を維持する為の循環器や神経系やホルモン系や免疫系を刺激する脳内物質が、尿の持つ体内情報から連鎖反応を受けて分泌されて、生体の病変を癒やす仕組みが活性化して、病変部位が緩和されると言う説明がなされて来た。

ですから、飲尿の量はそれほど多くなくとも良いと聞いています。僕の場合は、毎朝取れたての尿を40ccから50ccほど喉を潤す程度です。






僕の飲尿と言う尿健康法との出会いは、ご存じな方もいらっしゃると思いますが、2012年7月から12月にかけての中咽頭癌(ステージ4)での闘病が切っ掛けです。以下のサイトが窓口となりました。高田たみ代さんは僕の先生です。


『まりもの摩訶不思議な世界へようこそ』
http://www.geocities.jp/hkbbm798/
高田たみ代さんが主宰されているサイトです。

 

 



『ガンの辞典』の編集長に取材に来て頂き、尿療法も紹介して頂いております。
http://www.gan-jiten.com/

 

 



癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy
http://cancer-treatment-with-diet-cure.doorblog.jp/archives/32049864.html

 

 



飲尿療法または飲尿健康法について
https://www.tekuteku.net/blog2/1957.html

 

 

 

フリーエージェント世界革命を提唱するフリーエージェント大学ロシアの有名人・ドクター佐野千遥教授http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12107961163.html

 

 



@【 飲尿療法 】 を実行している 世界の著名人—世界的政治家から超有名ミュージシャンまで
http://amzn.to/2obSTIv
 

 

 


自分で作る副作用のない抗がん剤
http://hwod2urbrh.at.webry.info/201210/article_1.html
 

 

 


【マジかよ】美肌のために「オシッコを顔に塗る」美容法がトレンドに!? 毛穴を引き締める効果があるらしい
http://rocketnews24.com/2016/10/15/811757/

 

 



尿療法
http://bit.ly/2nZqQtB






尿健康法について初めての方は、『えっ?オシッコを飲むの?』
 
・・・・と言う、素朴な疑問は、間違い無く、真っ先に出て来るでしょうね。

衛生観念と向かい合う時の温かい言葉は、『尿・母乳・羊水は、三大生命水です』。
思い出すと胎児の時、もう既に自分の尿を羊水と一緒に飲んでいるのです。


尿や便は汚いモノと言う衛生観念が強大ですから、最初は、とっつきニクイのですが、僕の場合は、ステージ4と言う末期の癌で、遺書も書いたくらいですから、そんな衛生観念よりも、死ぬか生きるかの瀬戸際でしたので、生きる為には何でもしてみようという発想が、即飲みに繋がりました。そして、ステージ4の中咽頭癌は、消えていったのです。

2012年以降、毎年PETCTやMRIで喉を中心に上半身の立体画像を撮影しますが、毎年、「再発転移無し」の診断を頂戴しています。






上記の尿健康法の実践者が、日本全国から、そして、海外からも集まる尿健康法全国大会が今年も開催されます。僕は第5回大会に参加しました。
多くの方の体験発表があるのですが、僕がビックリした話は、自身の尿をポリタンクに保管しておき、お風呂にたっぷりと入れて、風呂を沸かして尿風呂に入る方、尿でシャンプーする方、毎日1リットル近く自分の尿を飲み干す方、様々な方々が、周りをはばからず正々堂々と公言されました。





今年は、第8回尿健康法全国大会が、三重県伊勢市で開催します。

日時は、6月11日(日) 13時受付開始・・・大会14時~17時30分・・・懇親会18時~20時

6月12日(月)9時~11時30分

場所は、いせ市民活動センター(三重県伊勢市岩渕1-2-29)





参加費、宿泊、その他詳細は、実行委員小口恭子さん(はな犬猫医院長・獣医師)
TEL/FAX 0599-44-0012
Email: veggie0369@gmail.com
携帯メール: duomimosa@i.softbank.jp


上記の参考サイトでご紹介した高田たみ代さんも実行委員です。



以上です。