読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「印象操作」が、「世論洗脳」と呼ばれる、チョット大袈裟な効果を考える。

 

今年2017年、森友学園国会で安倍晋三が野党をヤジッた「印象操作」と言う用語に注目しました。「印象操作」は御用メディアと支持率の高い政府与党が一体になれば、「世論洗脳」に行き着く可能性がある。・・・このような視点から過去の事例を検証し、まずは「クライシスアクター」と言う用語の背景や意味を知って頂きたくて、「チョット大袈裟な効果どころでは無い」のではないか?と懸念しています。

 

 

まず、クライシスアクターの定義&説明から。
Wikipedia情報http://bit.ly/1X6sfb7


そのものズバリ。
クライシスアクターCrisis actor)とは、偽りの報道を作成する際に登場するとされる役者を指す言葉である。


上記の説明をクライシスアクターの定義とするならば、以下に示す『天下泰平』の記事に登場するテレビ局のヤラセ工作員=世論誘導目的と思われる宣伝工作員の彼女も正統なクライシスアクターとなる。「クライシス」と言う用語の直訳(危機)とは、テロ危険の危機よりも、世論誘導によって時の政権が望む世論を醸成させる手法としての『世論洗脳』もしくは『世論誘導』としての『危機』をイメージさせるアクターと言う意味ならば、充分にクライシスアクターなのです。









問題提起を下さった「天下泰平」さんの記事です。

SMAP解散騒動と日本の大立て直し
http://bit.ly/1PgLfCn




フランスの911にもクライシスアクターが登場か?
http://bit.ly/1nXNLVl



クライシスアクター画像集
http://bit.ly/1PJWvbG



478.パリ同時多発テロ事件は、クライシスアクターを起用した自作自演テロではないのか?
http://bit.ly/1NZC3Oy



クライシス・アクター  「http://bit.ly/1QmBCQf



パリテロは自作自演!ボストンマラソンテロとパリテロ両方に同じクライシスアクターが!www
http://amba.to/1Pwqws3



[竹下雅敏氏]新幹線火災事件は、クライシスアクターによるヤラセ ~林崎春生容疑者も桑原佳子さんも生きている~
http://bit.ly/1PwqH6L




アメリカの自作自演  
https://www.youtube.com/watch?v=zO1DURXk1TU
ここにも湾岸戦争を開始する為の世論操作に加担したクライシスアクターの少女が紹介されています。
戦争がPR会社によって作られた事が暴露されました。











「世論誘導」、もしくは「世論洗脳」は、社会全体を動かそうとする恣意的な意図を感じさせる言葉です。戦後日本がアメリカから受けた様々な思想操作や意識操作。その代表格が3S政策。

3S政策http://bit.ly/1W6aTeK



GHQ日本占領-「3R・5D・3S」政策
http://bit.ly/1XdpkyV



3s政策でマインドコントロールされ愚民化する日本人
http://know01.com/3s-3441




そして、近年の世論誘導と言えば、安倍政権の支持率調査方法もその一つ。



今話題の、なりふり構わぬ読売新聞のトンデモ誘導世論調査は、もはや世論調査ではなく世論操作だ。
http://bit.ly/1SZc9AY



「安倍改造内閣 支持率上昇」報道──「重ね聞き」など質問方法や選択肢で変わる、“世論調査”の名による“世論誘導”に流されぬように
http://bit.ly/1TNX7Pi



甘利辞任で支持率上昇というウソのようなウソ
http://bit.ly/1UXTqoC



上記のような世論誘導がより進歩?した世論操作が、憲法改正へ照準をあわせた。
良心的な法律家も、その動きに機敏に反応している。
テロや緊急事態事案には、群集心理手法を用いて世論を動かし易くさせる社会状況が生まれます。それだけに、緊急事態条項に関する慎重かつデリケートな対応が望まれます。



いよいよ自民党が日本版FEMA(緊急事態管理庁)創設へ動く
http://bit.ly/1pT5C9b



『災害の現場で必要なのは「国家緊急権」ではない』
http://www.magazine9.jp/article/konohito/23087/
この議論は、「公共の秩序」を過剰に求めると、「独裁国家」にグラデーションシフトすると言う危険性を指摘しています。



濱田邦夫元最高裁判事が断言。自民党改憲草案の緊急事態条項、「正気の人が書いた条文とは思えない」!

http://bit.ly/1TNXAB6



不正選挙の証拠がありますが、不正選挙は、世論操作を超えて、世論詐欺です。
不正選挙の証拠現る!NHK https://www.youtube.com/watch?v=Zlo-vMzlAAM






さて、数々の傍証を挙げてきました。上記の事実が示す全体的背景の根幹にある  “国家的犯罪” であるかもしれないファクターを以下に挙げます。ここで重要な事は、「国家的犯罪とは断定せずに、その可能性は無いのか?と言う疑義に止める事です」。
これも陰謀論です。半分は可能性を検討し、もう半分は懐疑的に観察下さい。
全部信じたら、カルト信者です。





さて、上記で示した「国家的犯罪かもしれない話」です。





MKウルトラ計画
http://bit.ly/1Yh4eAA



MKウルトラ計画の驚くべき実験内容
http://mctrl.net/mk-ultra/experiment.html



http://bit.ly/20jCfzc




前身はナチス人体実験! CIAの洗脳計画「MKウルトラ」の恐怖の実験とは?
http://exci.to/1okGDCd




ペンタゴンとCIAによる洗脳実験?「MKウルトラ計画」がニューヨーク・タイムズに公表された日 http://bit.ly/1KAMw8a



MKウルトラと暗殺事件とアメリカ軍産複合体
http://bit.ly/1W6jwpC



ヒットラーの「究極兵器」と「マインド・コントロール計画」
http://bit.ly/20EQMek



アメリカのMKウルトラ計画は、CIA科学技術部が
主導する人体実験で、マインドコントロール(洗脳)を
目的として行われた国家犯罪だと言われています。
http://bit.ly/1PK1CZz



そして最後に、苫米地英人氏が指摘するTPP条約の危険性について。
この映像で苫米地氏が指摘する「日本の国益が巨大な損失を被る可能性が、TPP条約に存在する」。この事実を日本のテレビ局や新聞社が一切報道しないのはなぜか?
このような危険性、或いは、消極的な表現として「懸念」としてさえも報道しない事は、報道機関としてのサボタージュであり、世論操作ではないのか?と私は思います。

TPPは、貿易協定ではなく、国家主権・国民主権を解体させ、多国籍企業が世
界を統治する為の秘密協定である。この事実を苫米地英人氏が暴露している。
TPP解説「苫米地英人」国家を企業が支配する時代に!
https://www.youtube.com/watch?v=54IO4nRwT_g




以上です。