読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森友劇場、主役降板可能性を考える。

 

 

【安倍首相を辞めさせる決め手を教えてくれた東京新聞
http://kenpo9.com/archives/1063

天木直人氏のブログです。
http://bit.ly/2mzdRNB
 

 

 



天木氏のブログから一部抜粋

野党がいくら国会で追及しても、安倍首相の強気は揺るがない。

 このまま安倍首相は逃げ切れるのか。

 この疑問に、きょう3月7日の東京新聞こちら特報部」が、見事に答えてくれている。

 安倍首相に支配され、安倍批判を封じていたはずのテレビが、ここにきてワイドショー化して、森友学園と安倍夫妻の関係を積極的に取り上げ、安倍夫妻批判をはじめた。安倍政権のメディア支配が揺らいでいるのか?

 こういう問いかけで始まるこちら特報部の記事の中にこそ、安倍首相を辞任に追い込む決め手がある。

抜粋終了

 

 




天木直人氏が指摘した東京新聞2017年(平成29年)3月7日朝刊24面
こちら特報部の記事を抜粋します。


 

 



森友問題 ワイドショー席巻

民法各局のワイドショーや情報番組が、大阪市の学校法人「森友学園」をめぐる問題を連日のように報じている。最近は、政権批判と受け取られるような話題を手控える傾向が続いていたが、学園と安倍晋三首相や妻昭恵氏との関係も積極的に取り上げている。安倍政権のメディア支配が揺らいでいる。  (佐藤大



学園側の国有地払い下げ問題が発覚したのは二月上旬。しばらくは各局とも動きは鈍かったが、同月下旬以降、「森友ネタ」が徐々に増えていった。
口火を切ったとみられているのが、テレビ東京が平日夕方に放送する情報番組「ゆうがたサテライト」。

 

 

二月十七日以降、昭恵氏が学園系列の「塚本幼稚園」で講演する映像などを相次いでスクープ。同幼稚園は「教育勅語」を暗唱させるなど時代錯誤の教育方針で知られていたが、昭恵氏は講演で「教育方針はたいへん主人も素晴らしいと思っている」と持ち上げていた。


テレ東関係者によると、同局系列では、同幼稚園を以前から継続的に追いかけており、ウラ取りや追加取材をを経た後に独自映像を流したという。この関係者は「政治的圧力は無かった。その後、他局も負けずに映像を集め始めたという側面もあるのでは」と話す。
確かにその後、同幼稚園の運動会で園児が「安倍首相がんばれ」と連呼するだどの映像を各局が競うように発掘した。新聞のテレビ欄には「森友」の文字が躍る。別の在京テレビ局関係者は「二月十三日に起きた金正男氏殺害事件の続報が少なくなる中で、森友学園問題でキャッチィでインパクトのある映像が次々と出て来た」と明かす。

自身も情報番組に出演する政治ジャーナリストの角谷浩一氏は「森友学園の話題は視聴率が取れると聞いた」と指摘した上で、「(昭恵氏など)良く知っている顔ぶれが出てくるし、映像も衝撃的。幼稚園の話でもあり、試聴者は政治の難しい話と違い、身近な話と受け止めているのではないか」と分析する。

放送作家山田美保子氏は「籠池(泰典)理事長や鴻池(祥肇)参院議員など分かりやすいキャラクターが出て来たことが大きい。DJをしたり、居酒屋を経営したりする昭恵夫人を「破天荒なファーストレディ」として、主婦層は良くも悪くも注目してきたということもある」とみる。
それにしても、安倍政権下でメディア支配は強まったはずではなかったのか?
今月発表された米国の人権報告書も、安倍政権によるメディアへの圧力強化に懸念が強まったと指摘している。にもかかわらず、政権批判に直結する「森元ネタ」がテレビに溢れるのはなぜか。

前出とは別の在京テレビ関係者は「政治部は最初ナーバスになっていたが、各局がやっている今は問題ない。これほど社会正義上おかしく、キャラが立つ人達が登場する話を放送しない手はない」と話す。

市民団体「NHKを監視・激励する試聴者コミュニティ」共同代表で東京大学名誉教授の醍醐聡氏は「視聴率が取れることが分かったし、お茶の間の怒りを番組制作者もむげには出来なくなった」と歓迎する一方、NHKを叱咤する。「首相夫妻に話が向かうような映像を流すことを避けているようにも見える。(『政府が右というものを左というわけにはいかない』と発言した)籾井(勝人)前会長が退いた後だからこそ、制作現場の真価が問われる。視聴者の厳しい目線を意識するべきだ」


以上抜粋終了






感想として、安倍政権のメディア支配が揺らいだのは、「良くも悪くも昭恵夫人の存在感」であり、私人と公人が混じり合って庶民目線を集めたことが大きい要因だと思います。

「何が正しくて、何が間違っているのか?」このような、命題を上意下達の大本営発表方式ではなく、国民・市民の世論が決めていく自律した国民・市民の判断が、「私が法律です」と上から下に向かって言っているかのような安倍晋三を総理の立場から引き下ろす可能性は、益々高まっているように思います。








まだまだ、続きそうですね。森友劇場の安倍晋三降板劇。
森友劇場だけじゃないようですね。不明朗な国有地売却。
その内、出て来ますよ。



森友学園理事長の長男が激怒、政治家の名前を大暴露!自民党議員が続々!「安倍先生と会った」

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-15764.html

 



森友学園問題、真相どう解明? (日本経済新聞アンケート)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO13638200T00C17A3000000/
 

 


森友学園が買収した国有地、元地主が大激怒!「ダマされた。市が公園にすると」「契約書もある」

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-15749.html

 



「大阪の国有地払い下げ問題。次々に明らかになる新たな事実、そして、浮かび上がる疑問点とは?」(探究モード)

TBSラジオ

【セッション22】

2017年3月6日(月)分
https://radiocloud.jp/archive/ss954/
(この森友学園追求番組再生・配信終了日時:2017/04/06 23:55迄)

森友問題の背景、ネタ提供が野党のみならず自民党からも出ている。まるで、何か別の大問題を隠す為の小ネタ提供ではないか?と訝しがる業界人もいる。




以上です。